10話 こいつの目の前でセックスできる?のネタバレ

ネタバレ

「い・・・やああっ」

「本当に?本当にいや?こういうの。実はきらいじゃなさそうだけど」

やだやだぁぁぁ

いちいち、舌の使い方が、九条君とにてる気がする~~~

いやだって思うのに、拒めない。

「ねえ、兄貴と、どんなふうにエッチするの?あの人ああ見えて優しいでしょ?」

声も、にてる・・・!!!!!!

「エッチも優しくて、つまんないんじゃない?」

兄弟だから・・・??

いやあ、待って・・・!!!

「俺なら・・・これくらいは、激しくできるよ」

立ったまま、いれられた。

すっごいかたいの・・・が、あそこをごりごりして・・・めっちゃ気持ちいい。

「いれたい。めちゃくちゃに突きたい」

ベルトをはずす音がした。

わたしは「イヤだ!」と叫んだ。

そのとき。

「いくら寺の息子だからって、死に急ぐのはどうかとおもうよ」

九条くんが、雪隆の首をつかんでいた。

「大丈夫か? 深谷」

「うん」

「やだなーお兄さま。坊さんがそんな物騒なこと言っていいの?天罰、下んない??」

「深谷はうちで預かってる身だ。部外者は出てけ」

「えーーー。俺だって得度はすんでるし、勘当されたわけじゃないしさー。この家の人間だけど?」

「家を出てるだろ」

「だってそのほうが勉学に励めるじゃん」

「軒先で女性を襲っといてなにが勉学だ」

「でも俺が誰を好きになろうと」

わたしのせいで、兄弟の仲が険悪になっている。

仲裁にはいろうとすると、九条君が、わたしを攻めだした。

わたしに危機感が足りない、という。

「じゃあ信用させてよ。雪隆の目の前で、セックスできる?」

はい・・・???

「な、なに言って・・・」

「できるだろ。こいつに証明しないと。深谷が誰のものか・・・」

「も、ものじゃないよ。・・・部屋戻る」

わたしはなんだかものすごく悲しくなって、部屋に走った。

九条くんは、走り去ったわたしの後ろ姿に、「ごめん、深谷」と謝っていた。

 

僧侶と交わる色欲の夜に
【コミなび純稿】 僧侶と交わる色欲の夜に