32話 時間を縫うように逢瀬を重ねて…のネタバレ

ネタバレ

「雪隆」

母親が呼んだ。

「ちょっとこっちきて!」

「なに?」

「これこれどれがいい??」

「えと・・・」

「ああ、会うのは初めてかしらね。下の子の雪隆。

雪隆、こちら越津のお寺のあおいさん」

「こんにちは」

「あー! 兄貴にふられた人」

あおいの平手うちがとんだ。

後から隆秀が事情を聞いた。

「殴られて呆然とする雪隆と、それを見てさらに呆然とする母さんで、謎空間。だったらしい・・・」

隆秀から話を聞いた美桜は、ただ感心した。

「あおいさん強い・・・」

「うん」

隆秀はちょっと顔を明るくして、話題を変えた。

「それでどう? クリスマス。来られる?」

「うん。おじゃましちゃっていいのかな」

「もちろん。母さんも喜ぶし」

「そっかー。うれしいな。じゃあ行かせてもらおうかな」

無邪気に喜ぶ美桜を、隆秀は横目でみる。

「深谷」

そのまま舌を絡ませあった。

でもすぐに分かれないけない。

最近は会うのも、時間を縫うように数時間だけだ。

それでも今は。

私は私のやるべきことをやらなきゃなんだ・・・

数日後。

隆秀が子供の中で声を張り上げていた。

「ほらおまえたちー!!!!クイズ大会するぞー」 

すっかり子供に懐かれている。

その様子に、美桜は目を丸くしていた。

「けっこう子供の扱いうまいでしょ」

と母親が笑う。

「子ども会の行事はよくお手伝いしてるからねー」

「あの・・・なにか手伝いすることありますじゃ?

今日は、きてくれとしか言われてなくて」

「ああ、いいのよ。美桜ちゃんは、今日はお客様だから」

「でも・・・」

「あのね! 美桜ちゃん!!!あとでお楽しみ企画あるから待ってて!!!」

「はい」

それでも美桜は手持ちぶさたになり、隆秀の手伝いをしていた。

一方。

雪隆があおいにかり出されていた。

「なんで俺なんだよ」

雪隆は不満げに眉をしかめている。

「手伝ってちょうだい。ヒマそうなんだから」

その言いぐさに、雪隆はますますぶすっとした。
 

僧侶と交わる色欲の夜に
▼今すぐ読んでみる▼
【コミなび純稿】 僧侶と交わる色欲の夜に