自分のストレスに対する傾向と対策

私のストレス解消法について説明するにあたり、まずは自分がどのようなストレスを溜めやすいのか考えました。

私が抱えるストレスの大半は自分以外の人間に関するものです。その中でも、不愉快な発言をする人間を目に入れた時が一番ストレスになります。自分は人より発言を気にしすぎるところがあります。発言する場所、タイミング、わざわざそこで発言する必要があるかどうかなど、少しでも自分の思うルールからそれた人間へたまるストレスが非常に大きいです。そのような人間に遭遇した前提でストレス解消法について考えてみました。

まず、そのような人間が多いのはツイッターなどのSNSが主です。私もツイッターを使っているので、そのような人間に遭遇しないようにミュートワードやミュートブロック機能を使っています。ですがそれでも完全に自衛できるわけではありません。これは解消法というより勝手になるものに近いですが、そのような人間はネットを使っている以上無限にいます。自衛したところでそのような人間が無限に沸くとどうなるかというと、タイムラインから自分の見たい情報だけを選別できるようになり、ツイッターを使う時間が勝手に短くなります。目に入るだけで不愉快なので目に入れない為に脳が動き、軽く流し見しただけでどのような内容のものかあらかたわかるようになります。

そうなるためにはもちろん慣れや時間の経過が必要になりますが、ストレスを受け続けるより圧倒的にマシですし正直ネット辞めればいいだけの話ですが簡単にやめられない人間もいるし、ネット自体は悪くないのでこのような形が一番いいのかなと思いました。

簡単にまとめると、「最大限自衛したうえで発生する不愉快な要素は認識しないように脳みそを働かせる」といういささか高度な結果になりました。かまっててもいいことがないので今を生きる現代人はもっとスルースキルを身につけたほうがいいと思います。